「水素が体に良い」理由とは?

水素が体にいいとと言われるのは何故?

 

活性酸素は人が生きていくために必要な要素でもあります。

 

しかし、増えすぎた活性酸素で起こる酸化は、全身を老化させてしまう原因と言われているのですが、その中でも、「悪玉活性酸素」と言われている「ヒドロキシロジカル」というものが原因で、様々な悪影響を及ぼしています。

 

一言で言いますと、人が呼吸をするだけで体は「さびてしまう」というような表現が当てはまるかと思います。

 

増えすぎた活性化酸素は細胞やDNAを少しずつ傷付けてし、まう事により強い酸化「老化現象」が起きてしまいます。

 

残念なことに細胞やDNAが、老化の仕組みによる影響を受けたままですと、人は本来代謝することで新たな細胞を常に生まれ変えて行く事が出来るのですが、細胞が傷の影響を受けたまま新しい細胞に生まれ変わってしまうことにより、徐々に体にダメージが蓄積されていきます。

この傷が多くなることで、増えすぎた「活性酸素」が病気を発症させてしまう原因の一つとなってしまうのです。

 

しかし、水素は活性酸素に作用することで、活性酸素を素早く消す効果があります。

 

増えすぎた活性酸素は美容の大敵と言われるほどの大きな原因の一つなので、これらは、美容や健康に悪い影響を及ぼしてしまうでしょう。

 

まず、細胞に傷が付くことで体が老化すると肌も同時に老化してしまうことになります。

 

老化の現象としてまず髪の毛のパサつきや肌の乾燥、シミやしわが増える、体力が落ちてしまう事ががあげられます。

 

その状態が継続すると、増えすぎた活性酸素が原因で血液の病気やがんなどになってしまう可能性が高くなります。

 

増えすぎた活性酸素が元凶と言われているほど、人の体内で知らない内に悪影響を及ぼしていることを考えてみますと、美容と健康に多大な影響を与えているという事がわかると思います。

 

活性酸素には種類がありまして、ほとんどの活性酸素は酵素で分解することが可能ですから普通に生活している分には活性酸素はほとんど無害なのです。

 

しかし、ヒドロキシロジカルは分解する酵素が体内には存在しないと言われています。

 

ヒドロキシロジカルは、細胞やDNAなどの体を構築する時に重要な部分を損傷させてしまいますので、早いうちに消去したいところなのですが、ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足、喫煙などによって常に作られ続けています。

 

ヒドロキシロジカルに作用するのは「水素」だということは分かっているのですが、実は体の中でどのように作用するのかはまだまだ未知数だと言われています。

 

しかし、水素が美容や健康に良いとされる背景にあるのは、肌などにも悪い影響をおよぼしてしまう、悪玉活性酸素「ヒドロキシロジカル」に素早く作用すると言われているからなのです。

 

水素を摂ることにより、体内の活性酸素が増え過ぎないようにバランスをとることが、重要なのだと思います。

トップページへ戻る

ヒドロキシラジカルとは?

活性酸素の中であっても特に酸化の力が強力で、細胞膜や細胞内の核、
ミトコンドリアの DNAを損傷させ、様々な病気や老化、疲労がもたらされます。

 

そうならないように、増えすぎた活性酸素を取り除く成分が、
カテキン、水素、ビタミン類、ポリフェノール、リコピンなど、
幾つもの抗酸化物質があります。

 

その中でも水素のにだけはヒドロキシラジカルなどの人に有害な
悪玉活性酸素と結びつくことで、体から取り除くことが可能になります。

おすすめ

page top