「パントテン酸」とは?

「パントテン酸」とは?

 

ビタミンB群 の一つで、ビタミンB群の中においては5番目に発見されたことから、ビタミンB5とも呼ばれています。

 

パントテン酸は様々な食品に含まれるのですが、腸内細菌の働きにより体の中においても合成させる事が可能になります。

 

パントテン酸は黄色く粘りを持つ液状の物質になり、パントイン酸 とβ-アラニンといった物質が結び付いて出来ているのです。

 

水溶性で熱や酸、アルカリに弱いことから、料理や処理により失うことが多い特徴があります。

 

パントテン酸の含有された素材をボイルすことで含有されるパントテン酸の約半分が消失してしまいます。

 

体の中にカフェインやアルコールを摂取することで、パントテン酸が消費されてしまいます。

 

パントテン酸は代謝 に影響する補酵素といった酵素の働きを助ける物質の構成成分として、体の中でエネルギーを生み出しストレスに対する抵抗力をつけることから、体中の細胞組織の健康維持に必要不可欠になります。

 

 

パントテン酸の働き

 

パントテン酸は三大栄養素とされる「炭水化物」 「たんぱく質」「脂質」の代謝を促し、エネルギーを生み出し出すサポートをしているのです。

 

食べ物から摂った炭水化物 、たんぱく質や脂質等のエネルギー源に対しては、体の中で酵素により分解された上で新しくATP (アデノシン三リン酸)といったエネルギー物質に交換されます。

 

そのうえで生み出したエネルギー物質ATPを体の働きに合わせて消費していいくことが、エネルギー代謝になります。

 

パントテン酸はビタミンB1により糖の代謝の大きな役割を担うことにより、ビタミンB2と共に脂質代謝に影響を与えます。

 

体の中でコエンザイムAといった補酵素の構成成分として、エネルギー代謝の時に作用する100種以上の酵素の働きをサポートしているのです。

 

さらには、パントテン酸は脂肪酸に一つになることにより炭水化物 、脂質、たんぱく質によって、エネルギーを生み出す作用に影響するアセチルCoA や脂肪酸の合成と分解に関係するアシルCoA がつくり出されます。

 

アセチルCoAは代謝のの際に生じ、神経伝達物質や細胞膜の素材であるコリンを神経伝達物質であるアセチルコリンに変えることで神経細胞の合成を促し、神経伝達に関係する働きもあるのです。

 

 

パントテン酸の欠乏症

 

パントテン酸は多くの食材に含まれており、腸内細菌の働きにより体の中でも生み出すことができますので、あまり欠乏症は見られません。

 

欠乏したところでパントテン酸が不足するという事は基本的に別の栄養素も欠乏していることから、パントテン酸だけの欠乏症かそうでないのかを確かめるのは難しいと言えます。

 

ですが薬などによって抗生物質を服用している時に、腸内細菌の働きが悪くなることにより、パントテン酸が合成されないことで不足してしまう可能性があります。

 

もし、パントテン酸が欠乏すると疲労感や頭痛、食欲不振、手足の知覚異変が生じるかもしれません。

 

人の欠乏症は報告されていないようですが、第二次世界大戦時にアジアで栄養不足により、捕虜の足が焼けるというような感触を体験した際にパントテン酸を補給することにより回復したといった事例があると聞いています。

 

妊娠中や授乳中の女性の方は普段よりもパントテン酸の消費量が多くなりますので、欠乏症には十分に気をつけることが必要になります。

 

摂り過ぎたパントテン酸はすぐに尿として排泄されることによって過剰症の心配をされることは無いので余計に摂ったとしても特に差し支えないので安心してください。

 

 

ビタミンB群とは?

 

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸の総称になります。

 

パントイン酸とは、有機化合物の一つです。β-アラニンとは、自然に存在しているアミノ酸の一つです。

 

 

代謝とは?

 

体の中で生じる化学反応で、体の外から取り込んだものを新しい物質に変換し、体内で生み出したエネルギーを消費する事になります。

 

 

パントテン酸の効果

 

ストレスを緩和する作用「パントテン酸」はホルモンの合成にも関係しており、ストレスを軽減する副腎皮質ホルモンの働きを促してストレスに対する抵抗力を高める効果が期待できます。

 

人の体内からはストレスを感じると副腎から副腎皮質ホルモンを分泌して血糖値を上げ、エネルギーを増やしてストレスを迎え撃つ状態を整えます。

 

パントテン酸はこの副腎の働きを強化し副腎皮質ホルモンの合成を促します。

 

これによりパントテン酸は「抗ストレスビタミン」であるとも言われているのです。

 

そのほかビタミンB6や葉酸などに免疫力の増強に働くことから、欠乏すれば風邪をひきやすくなってしまいます。

 

パントテン酸は血中の善玉(HDL)コレステロールの合成促進に関係し、動脈硬化を抑制する効果が期待できます。

 

コレステロールは脂質の一種で、食べ物によって摂ってから主として肝臓でつくられる事により、細胞膜やホルモンの素材になります。

 

このコレステロールはLDLとHDLという2種類のたんぱく質により運ばれているのです。

 

肝臓から体の四隅にコレステロールを運ぶ役割がLDLです。

 

また、消費できなかったコレステロールを集めて肝臓にもう一度運ぶ働きがHDLです。

 

コレステロールがLDLやHDLによって運ばれている状態を悪玉(LDL)コレステロール や善玉(HDL)コレステロールと呼んでいます。

 

いずれも体にとって重要なのですが、LDLとHDLのバランスがとても重要になります。

 

ですが、LDLが多い場合余分なコレステロールが血管の内側の壁に貼りついて血管が硬くなり、動脈硬化 になる可能性が高くなります。

 

パントテン酸はHDLの合成を促し、善玉(HDL)コレステロールを増やすことにより、動脈硬化を防ぎます。

 

 

肌と髪の健康を保つには?

 

パントテン酸はビタミンCの作用をサポートする役割をしています。

 

ビタミンCは、肌や髪の毛のたんぱく質の合成に必要不可欠な成分になります。

 

更に、肌の奥にある真皮層の約70%はコラーゲンと言われる「たんぱく質」が、うるおい感や弾力性を保っていると言えます。

 

髪の毛もコラーゲン等のたんぱく質ですから、元気な髪や肌を望むならビタミンCの役割が大切だと言えます。

 

パントテン酸はコラーゲンをつくる際に必要なビタミンCの作用をサポートし、髪や肌を適正に保ってくれることでしょう。

 

 

副腎皮質ホルモンとは?

 

副腎皮質より分泌されるホルモンとなっています。

 

代表となるホルモンに、コルチゾールやアルドステロンがあげられます。

 

 

動脈硬化とは?

 

動脈にコレステロールや脂質がたまり、弾力性や柔軟性が見られなくなった状態のことです。

 

血液が効率よく流れなくなることによって心臓や血管等の病気が発症する可能性が高まります。

 

トップページに戻る

おすすめ

page top