「ビタミンエース」とは?

「ビタミンACE」(エース)とは?

 

抗酸化ビタミンのよく知られている取り合わせが、ビタミン「エース」と呼ばれているビタミンA、ビタミンC、ビタミンEになります。

 

ビタミンの相乗効果とは?

 

このようなビタミンは単独で摂るよりも合わせて摂る事で、相乗的な効果が期待されます。

 

ビタミンAは老化現象を防ぐ抗酸化ビタミンになり、酸化しにくい物質といえるのです。しかし、酸化してしまう事により、吸収されにくくなり、吸収後も本来の働きをすることができなくなります。

 

そうならないために、ビタミンAが酸化することを防ぐ効能が期待できるのがビタミンEになります。

 

ビタミンAに比べてビタミンEは酸化しにくいので、ビタミンAの代わりになると言われています。代わりとなって酸化したビタミンEも、ビタミンCを合わせることにより、元の状態に戻ることが可能になります。

 

このような3種類のビタミン「A・C・E」については合わせて摂取することで、より相乗効果が期待できる組み合わせと言えるでしょう。

 

 

紫外線に気を付けるのは、夏だけではありません

 

紫外線は夏の期間の7月〜8月頃多いと言われることをご存知かと思われますが、思いのほか油断してはならないのが4月から5月の紫外線です。

 

気温もさほど上がらない為、UVケア行わなくても問題ないだろうと思い過ごしてしまうのですが、実のところ夏に負けない勢いの紫外線が降り注いでいると考えられます。

日焼け止め等でちゃんと対策をしないと、後からシミやしわを生み出す原因になっていくと思われますので、この季節から日頃のUVケアに気を付けるべきですし、体の内側の対処も大切になります。

ここで日焼けによるシミやそばかすにおススメできるとしているのがビタミンCです。

 

ビタミンCはお肌のハリをキープするコラーゲンの生成を促進させます。

 

ストレスや疲れを感じているだけでなく、喫煙される方はビタミンCが多く消費されてしまいますので、くだものや野菜で意識的に取り入れることをおすすめします。

 

ビタミンCはビタミンA・Eとの組み合わせとの相性が良いので、ビタミンACE(エース)とも言われ互いに作用しあう事により、多くの効果を発揮してくれるでしょう。

 

ですので、ビタミンAを多く含むうなぎやほうれん草、にんじん等の緑黄色野菜、あるいはタミンEを多く含む豆類やアーモンド等も併せて摂ることが大切です。

 

\やわた「イソフラボン&ファイバー」はビタミンEも豊富です!/

 

トップページに戻る

おすすめ

page top