「還元電位」とは?

「還元電位」とは?

 

水素水の品質に当てはまる規準に「還元電位」と「溶存水素濃度」が存在します。

 

「還元電位」というのはどういったものか、この数値の示している目的について記載しました。

 

酸化還元電位、ORP(Oxidation Reduction Potential)と言いますのは、「酸化させる力」と「還元させる力」の違いを電位差で表現した数値ということになります。

 

この物質が異なる物質に酸化されやすい状態にあるか、還元しやすい状態にあるかを示すものになります。

 

この値が伸びて高いのであれば、酸化力が強力で、マイナスの値が大きければ還元力が強力であるということになります。

 

「酸化する」というのは「酸素と化合する」、「水素を失う」、「電子を失う」、と考えられていますが、「還元する」とは「酸素を失う」、「水素を受け取る」、「電子を受け取る」、という意味があります。

 

「還元」というのは酸素が水素とつながって元素を酸化以前の状態に戻す反応になります。

 

酸化力が強力である、または還元力が強力である、といった働きを表す場合に「酸化還元電位(mV:ミリボルト)」と呼ばれる単位が存在します。

 

このような数値がプラスで数値が高い程、酸化力が強力で、マイナスで数値が高い程、還元力が強力であることを示します。

 

水の元素は水素(H)と酸素(O)にして、酸化還元電位は、水素が-420mV、酸素が+820mVになります。

 

これにより、酸化還元電位の低い(還元力の強力な)水には水素が溶存していることが考えられます。

 

ご存知の方もおいででしょうが、各地の酒蔵の湧水は、一様に還元電位がとても低いそうです。

 

しかし、水道水は原水自体が酸化状態にあるにも拘らず薬品処理することによって、還元電位が高値になっていますぼで、その結果他の物質を容易に酸化させてしまいます。

 

普通の水道水の還元電位は+500〜800mv程です。

 

栄養を吸収する腸は還元状態にあって、腸内がそうした状態に保持されていることにより、有効な腸内微生物が活発に仕事し、私達の体は健康に守られます。

 

酸化力が強力な水道水を飲み、酸化された食品を多く食べているうちに、臓器においては「還元状態を保つため」のストレスを多く受けてしまします。

 

なので、還元電位の低い水素系サプリや飲料を、意識して体に取り入れる事がおすすめになります。

 

トップページに戻る

おすすめ

page top