水素水を飲まれる時の注意点

水素水を飲むときの注意点

 

水素水の中に入っている水素分子とは、とてつもなく小さい物質になります。

 

コップに注いだ瞬間から水素は徐々に少しずつ抜け出てしまうのです。

 

コップを傾けず、静かに置いておく分には1時間程度であれば、水素濃度の変化はありませんが、3時間程度経過してしまいますと、水素自体が半分程度になってしまい効果が半減するそうです。

 

なので、水素水をコップに注いだ場合には、早めに飲まれることをおすすめします。

 

水素水は、常温で飲まれることが理想です

 

それは、常温の水素水を飲むことにより代謝の改善が期待できると言われていまして、

 

冷たい状態で飲まれると代謝の働きを妨げてしまう可能性が高くなりますので、なるべくなら常温もしくは少しあたためる感じの温度で飲まれることをおすすめします。

 

効果を感じる為にはどれくらい飲めばよいのか?

 

水素水を飲み始めてから効果が感じられ始めたという方は、1日に300ml以上飲まれています。

 

市販のものでも大体300〜500mlが主流ですので、500mlのペットボトルですと、1日1本が目安となります。

 

しかし、キャップを開封してしまうと早めに飲まなければいけませんから、1日1本の基準にしてあります。

 

 

水素水は沸騰させないようにしましょう

 

水素水を沸騰させてしまいますと、せっかくの水素がほとんど抜けてしまい、普通の水になってしまいますので、ご注意ください。

 

「80℃くらいまでなら水素量はあまり変わらないと言われています」

 

(ちなみに普通の水にも微量なのですが水素は含まれています。)

 

水素水と言われているのは、水に高い圧力をかけて水素を水に溶かして高濃度にしたものを水素水と呼んでいます。

 

まとめ

 

水素水を飲むことで水素を効率よく摂取する事は意外と難しいと思います。

 

「開封後はなるべく早く飲まなければいけない」とか、「温度」がどうとか意外と縛りがあるように思えます。

 

そこで、サプリメントで簡単に高濃度水素を効率よくとるといった方法をおすすめします。

 

しかも、サプリメントであれば、体内に入ってから水素が発生しますので、水素の残量や時間を気にすることもありませんしコンパクトなのでどこへでも持ち運べますし、いつでもお好きな時に高濃度水素を摂る事が可能になります。

 

 

驚きの2.4ppmを実現した水素サプリ。初回半額1,980円(税込)!

 

トップページに戻る

おすすめ

page top