「水素水」とは?

「水素水」とは?

 

「水素水」とは高い濃度の水素分子が溶けている水のことを言います。

 

水素豊富水という呼ばれ方もされています。

 

水は「水素」と「酸素」が結合している状態で、元素記号では「H2O」と記載されています。

 

水は元々水素を含んでいるのですが、さらに水素を含んだものを「水素水」と言います。

 

水素水の効果

 

水素分子には、老化や多くの病気が起きる原因とされる「活性酸素」を無くす効果があると言われています。

 

そこで、水素を体内に取り入れるlことで、増え過ぎた活性酸素と水素が結びつき、中和還元され、体内で増え過ぎた活性酸素を減らすことで、体内バランスを適正に保ってくれます。

 

しかも水素は活性酸素を消去するスピードがとても速いと言われています。

 

なので、医療分野で広い範囲での活用が研究されていることにより、美容、健康に効果が期待されると言えます。

 

ちなみに、水素水は厚生労働省が認めている食品添加物になります。

 

 

水素分子と活性水素の違い

 

効果に当たる注視すべき点として、活性水素や水素ラジカル、プラズマ水素などの名前が見られますが、これらについては水素そのものが持つ効果ではなく、今のところ正式な呼び方ではないそうです。  

 

水素水はどのように選んだらいいのか?

 


水素濃度が掲載されている水素水を選択することをおすすめします。

 

水素水に含有される水素濃度は、その数値が厳しく決められているということはありません。基準は1.57ppm 水素は高い圧力をかけることにより水中に溶けるので、とても高濃度の水素水を生産することも可能になります。

 

ですが、高圧をかけた高濃度の水素水であっても、圧力をかけたすぐ後でない限りは、時間の経過により常気圧状態に戻ってしまいます。

 

しかも、容器のフタを開けた時点で 1.57ppm以上の水素は即逃げていきます。

 

それにより、水素濃度は常気圧の限界値とされる1.57ppmがあるようなら、十分な濃度であると言えます。

 

それ以上の高濃度水素水について

 

1.57ppm以上の高濃度が特徴の水素水も存在します。

 

その多くの場合は、スティックタイプの物や高圧で水素ガスを溶け込ませるたぐいのものになります。

 

製造それより後は、このような高濃度水素が溶存されたり、極小サイズの水素ガスの気泡が水中に浮遊してると思いますが、これらのものは、時間の経過によって水素が抜けてしまって、やがて1.57ppmに減少します。

 

製造時の濃度ばかりか、飲む直前の濃度のことも踏まえて、水素水選びをするように意識してください。

 

やはり、高濃度水素摂取には、体内に入ってから水素が発生するタイプのサプリメントのほうが相性は良いようです。

 

 

トップページへ戻る

おすすめ

page top