「アスタキサンチン」とは?

「アスタキサンチン」とは?

 

アスタキサンチンはカロテノイドと呼ばれる自然の色素の一つです。

 

カロテノイドの種類は非常にたくさんあって600種類以上あると言われています。

 

カロテノイドは緑黄色野菜の色で、赤や黄,オレンジと色鮮やかな野菜に多く見られます。

 

カロテノイドはアスタキサンチン以外、リコピンルティンβカロテンゼアキサンチンなどが存在しています。

 

「ヘマトコッカス藻」といった藻類よりアスタキサンチンを抽出することが出来るようになりましたのでサプリメントや化粧水,美容液などといった商品にもアスタキサンチンが配合されています。

 

アスタキサンチンはカロテノイドの中では抗酸化力が強く、紫外線を受けたときに細胞内のミトコンドリアでエネルギーを生成するときに生じる活性酸素の消去に効果を発揮します。

アスタキサンチンの抗酸化力は強く、ビタミンEの1,000倍、βカロテンの100倍もの抗酸化力を発揮する実験結果も見られるほどです。

 

アスタキサンチンを多く含む食品

 

アスタキサンチンは魚類でしたらサケやタイ,キンメダイ,鯉,イクラなど、甲殻類ではエビやかになど、赤い色あいの魚類に多く含まれているのが特徴です。

 

エビやカニに含まれるアスタキサンチンは生きているあいだはタンパク質と結合してくすんだ色をしているのですが、加熱するとタンパク質とアスタキサンチンが分離して本来の鮮やかな赤色が出現します。

 

アスタキサンチンは加熱すると鮮やかな赤色に変色する特徴があることから、マグロなどの赤身には加熱しても赤くなることがないのでアスタキサンチンが含まれていない事がわかると思います。

 

魚やエビ,かになどの甲殻類に含まれるアスタキサンチンは本来は植物プランクトンが生成した物を食べることで、動物の体内に取り入れられたものと言えます。

 

 

アスタキサンチンの効果?

 

アスタキサンチンの効果は多岐にわたりますが、何をおいても強力な抗酸化力です。

 

紫外線を受けたときやエネルギーを生成した際に発生してくる活性酸素の消去力はトマトの色素リコピンに次に強いと言われています。

 

一重項酸素は肌が紫外線を受けた時に出てくる「活性酸素」です。

 

お肌に生じる活性酸素はシミやシワ,たるみなどの原因になってしまいます。

 

アスタキサンチンを含んだサプリメントなどの健康食品や化粧品には、お肌が酸化するのを防ぐ対応策として効果が期待されています。

 

トップページへ戻る

おすすめ

page top