「炭酸カルシウム」とは?

「炭酸カルシウム」とは?

 

化学式は、「CaCo3」で白色の固体になります。

 

中性の水だ決して溶解することはないのですが、塩酸などに反応することで二酸化炭素を放出しますが、酸性の強い水になると熔解する性質があります。

 

例として石灰水にストロー等で息を吹きかけてみると、息に含まれていた二酸化炭素に反応することで、沈殿し熱を加えることで、酸化カルシウムと二酸化炭素に分離することが主な特徴となります。

 

 

主な原料は?

 

貝殻や石灰岩や大理石などから採取されています。

 

用途は?

 

ベビーパウダーやチョーク、ゴムの原料、歯磨き粉 化粧品、インク、食品添加物、入浴剤など、食品以外にも様々な用途があります。

 

 

その他の利用法

 

「リサイクル活性炭」

 

建築廃材やもみ殻をまぜてリサイクル活性炭として使用されていますが主な用途は、水質浄化などに利用されています。

 

環境問題対策で一躍を担っていますよね。

 

それと、入浴剤の原理を利用することで、人口の温泉に利用しています。

 

気になる、お湯の効能と言えば、「冷え性、あせも、湿疹、リウマチ」などに効果が期待されます。

 

トップページへ戻る

おすすめ

page top