「サンゴカルシウム」とは?

「サンゴカルシウム」とは?

 

風化サンゴ粉という別の呼び方もあって、比較的新しい素材なのですが、カルシウム補給剤の一つとして常用されています。

 

サンゴカルシウムは沖縄産のサンゴが化石化した物で、とても高い溶解度と解離度を持ち合わせています。

 

体への吸収スピードも速く、とても良いカルシウムと言えるのではないでしょうか。

 

サンゴカルシウムに利用されるサンゴの特徴は、動物なのですが、光合成を行うことから、豊富なミネラルを含んだ良質のカルシウムになります。

 

 

 

どうしてサンゴカルシウムが注目されるのか?

 

それは私たちが生活するうえで抱える問題に、カルシウムの優れた効果が影響しているからなのです。

 

カルシウムを摂取することによりイライラする気持ちは治まり、骨粗鬆症の予防にもつながります。

 

サンゴカルシウムが日々の生活の中において存在している沖縄の人は、カルシウム不足の人と比較して、気長で、体も頑丈だと言われています。

 

サンゴカルシウムを取り続けた時に、心配とされているのは結石の誘発なのですが、成分は全て吸収されてしまうそうです。

 

「イライラは治まり」「骨は丈夫になる」「蓄積はされない」、と理想的です。

 

サンゴカルシウムは毎日継続的に摂取をすることが大切です。

 

継続しないで止めてしまうと、望んだ効果も期待できないでしょう。

 

サンゴカルシウムに含まれるカルシウムは、我々の日々の生活にどのように関わっているのでしょうか。

 

サンゴカルシウムは何万年もの時間をかけ、サンゴ礁が風化した小片で、人を心身ともにリラックスさせるものとして注目されています。

 

サンゴカルシウムが沖縄で素材として使われたのは古くは、琉球王朝の時代になります。

 

効果は明確にされてはいませんでしたが、身体に良い、として続けられてきました。

 

サンゴカルシウムは厚生労働省によって食品添加物として認められています。

 

すなわち、安心して食べられるということになりますね。

 

トップページへ戻る

おすすめ

page top